金剛寺

金剛寺

川上村神之谷にある金剛寺は、天武天皇の白鳳時代、大峯山の開祖、役行者(えんのぎょうじゃ)の開基と伝えられ、後南朝史の最も中心となった古寺。
寺の前には由緒を記した「自天王碑」、境内には自天王と忠義王の陵墓や自天王神社があります。現在は川上村高原にある福源寺に奉られていますが、以前はこの中に三種の神宝(剣・鏡・玉)が奉られていました。

金剛寺 マップ

<< ホテル杉の湯を出発 >>

  • 国道169号線を走行。
  • 川を挟んだ左方向に斜面に家が立ち並ぶ集落(北和田区)が見える。
  • 橋を渡り上り坂を走行。道幅が狭いので注意して下さい。途中右側に案内標識があるので、標識の所の下り坂を下り突き当りまで走行。
  • 金剛寺に到着です。
閉じる

Copyright(C) ホテル杉の湯 All Right Reserved.